TOP >スポンサー広告恋愛心理テスト >心理テスト【このプレゼントは?】

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

心理テスト【このプレゼントは?】

ブックマークに追加する

秋も深まってきました。読書の秋、食欲の秋、運動の秋!
年末のクリスマスのイベントへ向け、そろそろ一緒に過ごす相手を見つけ、ぜひとも”恋愛の秋”にしてもらいたいものです。
あなたの恋愛を応援する!YOSHIです(笑) 様々な男の観点で、男心を虜にする方法を紹介しているブログです。あなたのためになれば幸いです。タメにならなくても、怒ったりしたらダメですよ!・・笑

さて、本日は恋愛心理テスト!自分の心を知って、今後の恋愛に役立ててみる?それとも気になるあの人に試してみて、相手の深層心理を探ってみますか?

恋愛心理テスト【このプレゼントは?】

【設問】
まず下記の図をごらんください。
恋愛プレゼント
ここにプレゼントがあります。このプレゼントは、誰から誰に贈られるものですか? 下記の1~4の中から直感で一つ選んでください。


1.あの人から私に贈られるプレゼント
2.私からあの人に贈るプレゼント
3.自分へのご褒美!(自分で買った自分のためのプレゼント)
4.持ち主不明のプレゼント


この心理テストで分かるのはあなたの○○へ対する深層心理です!
診断結果は続きでね!

それでは診断結果です。
これより以降は心理テストの結果です。まだテストに答えてない人は、必ずテストをしてから見るように!(笑)

【診断結果】
このテストで分かるのは、あなたにとって”愛とは?”、あなたが思う愛の形が分かります。プレゼントとは、愛する気持ちを象徴しています。それが誰から誰へ贈られるものと感じるかによって、あなたが深層心理で描いている愛の形が分かるのです。

1を選んだ人・・・・・ただひたすら愛されたいタイプ
あなたは自分が愛されたい、尽くされたいという気持ちが強い人です。『私の事を本当に愛しているならば、どんなことでもしてくれる!』そう思っていませんか?また常に相手が自分へ対する愛の証を確認したいタイプ。『愛してる証拠を見せてよ!』とか、『私のこと愛してる?』と常々口にするのはこのタイプです。
もっと相手のことも考えて愛し、つきしましょうよ!

2を選んだ人・・・・・愛されたいから、相手を愛すタイプ
愛する人のために尽くそうとする人、愛されることよりも、むしろ愛する事に喜びを感じる人です。ただしこのタイプは独占欲が強く、相手を束縛しがちです。つまり、『自分も愛されたいので愛する』というタイプです。
ギブ&テイクの関係だと、結構疲れますよ?

3を選んだ人・・・・・愛するのは自分だけ?
あなたは何よりも自分を愛する人。いわゆる自己愛にあふれています。他人はあくまでも自分を移すための鏡。ナルシストで、付き合う相手も自分のステータスとして捕らえているのかもしれません。
誰かのために!そう考えるのも悪くないですよ?

4を選んだ人・・・・・愛とは?何?分からない・・・
あなたは愛を感じられない人です。愛を感じるよりも、むしろ愛って何?と頭の中で考えている人です。頭で考えれば考えるほど、ますますわからなくなってしまい恋愛から遠ざかる。実のところ、恋愛を恐れているのかもしれません。
恋愛は苦しみであり、と同時に楽しみでもあるのです。

いかがでしたか?あなたの深層心理はあってましたか?
こんなの当たらないよ!!うわ~ピッタシはまった!賛否両論でしょう。でも、この答えはあなたの深層心理、心の奥の気持ちですから・・・・
(出典:魔法のリアル心理テスト・・・中島真澄著)


こちらの関連記事もいかがですか?
⇒もっと恋愛心理テストをする?
⇒男を虜にする恋愛術はこちら!
⇒男心を掴む超裏ワザ!丸秘テクとは?

↓記事が参考になったよ!という方は一つでも良いです。ポチっと応援してください。m(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログへ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
人気ブログランキングへ ←余裕のある方はこちらもポチっとお願いします!m(__)m 


【こちらもおすすめ!】
彼を虜にするラブグッズ!彼ともっとラブラブに! 恋する乙女のラブコスメ♪
恋する乙女のセレクトショップ!彼を虜にしちゃうラブコスメから、女性の身体の悩みをケアするグッズまで揃ってます!

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

<< 恋愛学【30】~苦しみの共有効果~ | 男の本音と恋愛術トップへ | 年下の男対処法 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。