TOP >スポンサー広告男心の本音 >男の本音【男は実は劣等感の塊なんです。】

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

男の本音【男は実は劣等感の塊なんです。】

ブックマークに追加する

ども!YOSHIです。
九州地方も梅雨明けしました。6月はずっと雨!というくらい天気が悪かった。
でもうってかわって、晴れ間が広がり・・・暑い!!とにかく暑い!!
寝苦しい夜いかがお過ごしですか?夏ばて気味 今日も元気!のYOSHIです。

さて、男心を掴みたいならば、まず男の本質を知るのは重要なこと!
相手のことを知らなければなりません。
本質を知ってこそ、攻略法も分かるというもの。
男が本音で描く恋愛術です。今日もしっかり勉強しましょう!(笑)
・・・と言っても、勉強になるかどうか?このブログ内に書いていることで不利益をこうむったとしても責任はとれません。自己責任で活用してね

さて本日は男の本質を見抜く!男心の本音を激白コーナーです。
男の本音~男は実は劣等感の塊なんです!

男の本音を知り、あなたの恋愛へ・・
女子力強化へお役立てくださいね~ でわ!続きをどうぞ!

あなたの周りにいる男。いろんな男性がいるでしょう。
自信に満ち溢れている人、仕事をバリバリこなしている人、あるいはやる気も何もない男。
どんな風に見えても、男の心の中、本質的な部分で言えば男は劣等感の塊なんです。

常に男は自分がどういう目で見られているか?非常に気にしています。
自信がないのです。自分は実は人より劣っているのかも・・・
人からはダメ人間と思われていないか?など常に劣等感でいっぱいなんです。

だからこそ、男は自分を精一杯良く見せようとする。
男はすぐに、見栄をはる。
男はすぐに、知ったかぶりをする。
男は自分の得意分野になるととても熱く語り始める。
男は体裁や、外見にすごくこだわる。
男は会社の地位、社会的地位に対して常に上昇志向を持っている。
男は激しい闘争本能を持っている。

実のところは自分が上を目指したい。良い男になりたい!というよりも、人によく見られたい。もっと自分は必要な人間だとアピールしたい。自分の存在価値を高めたい。
劣等感を抱いているからこそ、まわりの人間に対して自分は凄い人間なんだ!と思わせたいだけなんです。

恋人や奥様に対しても、強がったり、見栄をはったり、知ったかぶりをするのも全ては相手に『へえ~凄いんだ!』とか『何でも知ってるね?』とか言われたい一心なんです。自分というのを認めてほしいだけなんです。

本当は劣等感の塊で、とても弱い生き物なんですよ!男ってやつわ~
精一杯背伸びをしているだけなんです。

だからこそ!!
男に対して、絶対してはいけない事は、自尊心を傷つけない事なんです!

男が知ったかぶりをしたり、見栄をはっているときには、些細なことであれば『へ~』とか『うんうん』とうなづいてあげる。時には『凄いね~』とか『よく知ってるね』といってあげれば男心は満たされるのです。そういう時は精神的に成熟している女性が引いてあげるとうまくいくでしょうね。

男は肉体的には女性より強いです。
でも精神的には、はるかに男より女性のほうが強いのです。

劣等感の塊である男に対して、ますますミジメになるような言葉を投げかければ、相手の男は相当凹みます。ただでさえ、劣等感があるのにトドメをさされるのですから・・・
相手の男を動かし、男心を掴むためには相手の劣等感を刺激しない!褒めておだてるに限りますよ!でもあまりに褒めすぎると調子にのるのも男です。ほどほどで手綱はしめてくださいね。

こちらの関連記事もいかがですか?
⇒本当のブスはいない!
⇒類似性の法則!価値観の共有効果
⇒意地をはるべからず!
⇒男をバカにしてはいけない!

↓記事が参考になったよ!という方は一つでも良いです。ポチっと応援してください。m(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログへ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
人気ブログランキングへ ←余裕のある方はこちらもポチっとお願いします!m(__)m 


【こちらもおすすめ!】
彼を虜にするラブグッズ!彼ともっとラブラブに! 恋する乙女のラブコスメ♪
恋する乙女のセレクトショップ!彼を虜にしちゃうラブコスメから、女性の身体の悩みをケアするグッズまで揃ってます!

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

<< 恋愛術【79】~男を動かす言葉使い! | 男の本音と恋愛術トップへ | 恋愛学【37】~男女で違う恋愛の境目 >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。