TOP >スポンサー広告男心の本音 >【男の本音】いつまでも恋愛気分じゃいられない!

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

【男の本音】いつまでも恋愛気分じゃいられない!

ブックマークに追加する

国会議員給与カットは半年で終了!10月からまた満額支給へ!

東日本大震災で、復興財源を確保すべきために4月から、国会議員の給与は月額50万円減額する特例法が制定されていましたが、この9月で特例法は終了し、継続する意思はない事が示された。いまだ復旧も進まず、被災地では公務員の給与カットがいまだに継続されている中批判は高まりそうですね。

復興増税で、国民に負担を求め、ムダ削減のために事業見直し、国家公務員の削減、そして国会議員の定数削減も叫ばれているなか・・・行政トップの国会議員だけは、痛みを伴わないことで、国民が果たして納得するのか?という事も疑問ですね。

確かに一般企業の要職クラスになると国会議員以上に収入もある人も数多くおられますが、そちらへ対する批判は出ない。会社内でも殆ど出ていない。それは誰もが収入に見合う仕事をしているから当たり前と思っている証拠ではないでしょうか?なぜ議員は批判されるのか?それは国民が、議員はそれだけの収入を貰う仕事をしていないとk国民が感じているからではないでしょうか?

国民が豊かであれば、そのような批判も出てこないのでしょうけどね・・・
もっと国民目線で、国民のための政治をしてほしいものですね。国民が満足できる仕事ができれば、いくら収入があろうと文句も批判も出ないと思いのですが・・・皆さんはどう思います?

さて、今週も男心で恋愛を科学する時間がやってましりました!
懐が寂しくなると、やはりどこかで経費削減をしないといけないのは世の常・・・
男女間においても、同じ事が言えるのではないでしょうか?

男の本音~いつまでも恋愛気分じゃいられない!

恋愛中は、この関係がいつまでも続くと良いね・・・なんて二人で語ってたりするものです。でも、やはり結婚するとなると難しい面も多々でてくるのではないでしょうか?結婚について、男女の思い違い?と言いましょうか、よくあるすれ違いについて男の立場で書いてみたいと思います。

とある読者からメールをいただきました。
内容は、結婚まで1年を切ったものの、最近彼氏に愛されているのかな?という疑問に思っているとの内容でした。その内容はといえば、月一で行ってた旅行がなくなったこと、週一でデートしていたものが少なくなった、メールの回数が減ったことなど挙げられていました。

こういうケースに限らず、結婚前と結婚後によくあげられる女性側の不満には
1.以前は休日には、出かけていたのに結婚したら全くなくなった。
2.プレゼントとかしてくれなくなった。
3.仕事ばかりで、ちっともかまってくれない。

などなど、よく聞く不満でもあります。

でも男側にも言いたいことはあるのです!!

男は非常に現実的に物事をとらえます。女性はどことなく、ロマンティックに考えがちでたとえば結婚についてもそうです。よく男が結婚に踏み切れない理由としては、『家族を養う自信がない』と収入面での不安を口に出します。でも女性はこれに対して、それは二人で頑張ればなんとかできる!いわゆる愛があればやっていけるみたいな事を口にしたりします。

この事からも、女性は結婚も恋愛の延長で、どことなくロマンティックに考えている。しかし男は恋愛と結婚は別物ととらえ、非常に現実的に考えているという事がわかるのです。

そして、結婚という現実が目の前に迫ったとき・・・
マジメな男ほど、仕事に打ち込むでしょう。それは家族を養うという責任感。そして、家族をもった以上は今まで以上に出世欲もでるものなんです。それは家族の中で大黒柱として尊敬されたい。いわゆる自己顕示欲にも似たものなんです。

当然仕事に打ち込めば弊害も出ます。忙しくなってメールする回数も減るかもしれない。
デートする回数も減るかもしれない。彼女のことよりも、仕事優先になるのかもしれない。

でも裏を返せば、それはすべて家族のためであり、何よりも彼女に良い暮らしをさせたい!という一心で頑張るのです!

また結婚ともなれば何かと金入りです。そんな現実が迫っていれば、それこそお金をかけた旅行なんてそうそうできるものでもない。プレゼントだって質素になっていくものかもしれません。
『以前はプレゼントとかよくしてくれたのに・・・結婚したらまるで無い・・・』

そういう言葉を聞くと男の本音では・・・
『だったら生活費入れないですべて俺の自由に使わせろ!!だったら結婚前と同じくらいにデートに、旅行にと連れてってやるわい!!』と言いたいものなのかもね。(笑)

プレゼントも、何もなくなった!と嘆く前に、もう一度彼があなたのために頑張っている姿を見直してみてください。男の言い分・・・
仕事とお前とどっちが大事?どっちも大事だろ!!比べるもんじゃねえ!

もし結婚前、あるいは結婚後に彼が変わった・・・・
昔のように連れ出してくれたり、プレゼントとかくれない、『もう愛していないの?』という前に、今一度今回の記事を思い出してみて!

私の知り合いの女性は、結婚後に家計をやりくりしてお金を貯めたあとで、
『最近仕事ばっかでしょ?たまには温泉でも行かない?家計やりくりして貯めたんだ~』
と旦那さまへ言ったところ、非常に喜んでくれてその後ますます優しくなったそうですよ!

結婚前のロマンス・・そこには男としての責任感は、ほとんどありません。(これもおかしいかな?)
でも結婚した後に仕事に打ち込む。これはできる男としては当然ですし、できる男ほど年齢に応じてそれ相応の役がつきます。仕事は忙しくなって当たり前ですからね。そこを理解して、うまく家計と家事、旦那さまを扱えるのも良い女の条件ですよ!

こちらの関連記事もいかがですか?
⇒ロマンスが続かない理由
⇒女は言葉を求め、男はそれを言わない・・・
⇒メールで分かる男の本音とは?
⇒男の懐を気遣える女になろう!

↓記事が参考になったよ!という方は一つでも良いです。ポチっと応援してください。m(__)m
にほんブログ村 恋愛ブログへ  にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ  にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛アドバイスへ
人気ブログランキングへ ←余裕のある方はこちらもポチっとお願いします!m(__)m 


【こちらもおすすめ!】
彼を虜にするラブグッズ!彼ともっとラブラブに! 恋する乙女のラブコスメ♪
恋する乙女のセレクトショップ!彼を虜にしちゃうラブコスメから、女性の身体の悩みをケアするグッズまで揃ってます!

男の本音と男心を虜にする恋愛術TOPへ  

<< 恋愛相談【3番めの女から、オンリーワンになれますか?】 | 男の本音と恋愛術トップへ | 恋愛術【137】~婚活の落とし穴に気をつけろ! >>

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。